スタバ

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をおすすめしない理由を述べる

投稿日:


 

200gで32,400円もする超高級コーヒーを飲んだり、美味しいコーヒーを飲むために生豆も焙煎(ばいせん。生豆を焼くこと)するコーヒーブロガー山口が、スターバックスコーヒーで販売されている定番の人気コーヒー豆「ライトノートブレンド」を飲んでみた。

このコーヒー豆のパッケージを初めて見たときは「浅煎りで酸味が強そうだな」と感じたが、実は酸味よりも苦味が強い。

後味のキレもよく飲みやすいと言えば飲みやすいのだが正直、「このコーヒー豆でなければダメ」な要素が一つもないうえ、コーヒー豆の鮮度の悪さも相変わらずだった。

そんなスタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」を飲んだ感想を交えながら、おすすめしない理由も詳しく述べていく。

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」とは

パッケージを裏には「ソフトなココアと、軽く煎ったナッツが豊かに香る、軽めのコクに程よい酸味が特徴」と記されている。

最初にお伝えしておくと、このコーヒーからはココアの風味など特に感じられない。

さっそく購入した「ライトノートブレンド」を自宅に持ち帰って開封して豆に目をやると、割れたり欠けたりの豆は目立たない。

ライトノートブレンドの値段(税抜)

1,050円
※100gあたりの価格は420円

ライトノートブレンドの容量

250g

ライトノートブレンドの生産地

コロンビア、ブラジル。

ライトノートブレンドの焙煎度合い

スターバックスブロンドロースト ※浅煎り。ミディアムロースト〜ハイローストまでを指す。

ライトノートブレンドの風味を5段階でみる

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」を3つのコーヒー器具で飲み比べ


▲左から
・HARIO(ハリオ)V60ドリッパー
・HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパー(丸太衣料(マルタ)4枚接ぎネルフィルター)
・bodum(ボダム)フレンチプレス

今回は、まずペーパードリップの定番であるハリオV60で抽出して飲んでみて、さらに美味しく飲むために、ほかの2つのコーヒー器具を厳選した。

こんな感じで豆を挽いたりしました

豆の挽き具合:やや細挽き(カリタ・ニューカットミル:ダイヤル2にセット)

豆と湯の量:16g 160cc

お湯の温度:85℃

その他コーヒー器具:タカヒロ製コーヒードリップポット雫 0.9L

 

HARIO(ハリオ)V60ドリッパーで抽出

カリタニューカットミルで細挽きにしたスタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をハリオV60ドリッパーにセットし、タカヒロ製ドリップポット雫で静かにお湯を落としていく。

お湯がコーヒー粉に触れると、混ざり合った湯と粉はべちゃっと広がり、ドーム状には膨らまない。これは鮮度が良くない証拠だ。

スタバのコーヒー豆は焙煎してから最低でも一ヶ月は経過しているので、今回の「ライトノートブレンド」に限らず、どれを購入しても鮮度は良くない。これまでスタバの豆をいくつも試してきたが、鮮度がよかった豆はひとつもなかった。

さて、抽出が終わったスタバのライトノートブレンドを温めたカップに注ぎ、顔を近づけてみると、浅煎り豆のわりに芳ばしい苦味を思わせる香りが感じられる。

さっそく一口飲んでみると予想通り、まず苦味が舌の上を走り、その後にじわーっと酸味が口に染み込むようにして広がっていく。

苦味と酸味のバランスは良く、酸っぱいと感じることはないので、多くの人が飲みやすいと感じるだろう。

後味も、スタバの豆にしてはキレが良く、そこまでクドさやしつこさを感じない。

ただコクや甘み、旨味などは感じられないのでコーヒー好きは満足しないだろう。

スタバでライトノートブレンドを買うなら、ドトールのマイルドブレンドを僕なら選びたい。

次はネルドリップ抽出を行って飲んでみる。

4枚接ぎの分厚い「マルタ製ネルフィルター」を使うと、口当たりがまろやかになって味にまとまりが出る。

HARIO(ハリオ)ウッドネック ネルドリッパーで抽出(マルタ製ネルフィルター)

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」を、マルタ製ネルフィルターを使って抽出して飲んでみる。

すると、苦味の角が取れて酸味とのバランスがより整った一杯になった。

舌に突き刺さるような刺激的な苦味がなくなったので、より飲みやすくなったといえるが、個人的は物足りないコーヒーに感じる。

甘みや旨味、コクなどはハリオV60ドリッパーでの抽出と大きく変わらない。

最後にフレンチプレスプレスで抽出してみよう。この器具を使うと豆本来の味を最大限に引き出すことができる。

フレンチプレスは高品質なコーヒー豆で使用するのが一般的だが、スタバの豆で試してみると面白い風味に仕上がることもある。

bodum(ボダム)フレンチプレスで抽出

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」をフレンチプレスで抽出すると、豆本来のアーモンドのような風味と爽やかな酸味が印象的な一杯になった。

美味しくはないが、これまでで一番すっきりとした味で、後味もキレがよく飲みやすい。

今回のレビューではコーヒーを160ml抽出するのに豆16gと多めに使っている。それでもさっぱりした味なので「ライトノートブレンド」は、濃いコーヒーを飲みたい人には向かない。

目覚めの朝などに爽やかな一杯を楽しみたい場合にいいかも知れないが冒頭でもお伝えしたように、このコーヒー豆をリピートする理由は特に見当たらない。

まとめ

スタバのコーヒー豆「ライトノートブレンド」を3つの抽出器具を用いて飲んでみた。

いずれの飲み方でもすっきりとした味で、苦味と酸味のバランスが整ったコーヒーだった。

飲み手を選ばない口当たりではあるが、甘みや旨みがないのが残念なところ。

値段は100gあたり420円なので、僕ならあと80円出してドトールで購入するだろう。

しかし、感動するような美味しいコーヒーは、実はあと200円ほど出せば手に入る。そして10倍は満足感が違うはずだ。

優れた焙煎技術でローストされ、豆の品質が本当に高いコーヒーは、ドリップした時にお部屋に広がる香りの良さも全然違い、口に含んだ時の幸福感は言葉にできないほどだ。

僕が今まで飲んできて、自信を持っておすすめできるコーヒー豆は別記事にランキング形式でまとめたので、おいしいコーヒー豆選びの参考にしてもらえるとうれしい。


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆


コーヒーブロガー山口が厳選する本当に美味しいオススメのコーヒー豆

ad




人気記事TOP10

人気記事

follow us in feedly

プロフィール

こんにちは!

1日に最大14件のカフェをハシゴするくらい、コーヒーやカフェ巡りが好きなコーヒーブロガー山口です。

上の写真のとおり焙煎経験もありますが、僕はカフェオーナーでもなければ、カフェでのバイト経験すらありません(笑)

ただのコーヒー好きです。

いろんなコーヒーを飲んできた僕の経験が少しでも多くの人のためになればと考えて当ブログを開設しました。

コーヒー豆の通販サイトで買える「100gで16,200円もする超高級コーヒー豆」や「100gで700円以上のチョット高級なコーヒー豆」などのレビューをしています。

コーヒー豆をネット通販で買うときに参考になればうれしいです。

また、北海道をはじめとする全国にあるカフェのレビューや、コーヒー関連のニュースも配信中。