コーヒーランキング

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

2022年4月23日

  1. HOME >
  2. コーヒーランキング >

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

2022年4月23日

コーヒーを飲みにくいと感じる理由は大きく分けて3つあります。

1つは苦みと酸味、2つ目は雑味です。そもそも、人間にとって苦みや酸味は「毒」を示すサインと言われています。あまりに苦すぎたり酸っぱすぎると、人はそのコーヒーを「美味しくない」と感じます。

本記事では、元々コーヒーが苦手で飲めなかった筆者でも「飲みやすい」と感じたおすすめコーヒー豆をランキング形式で紹介します。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
焙煎士/バリスタ

TV出演。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。

1,000種以上の通販コーヒーを飲むマニア。

コーヒーは飲みにくい、苦手と感じる理由は大きく分けて3つ

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

コーヒーは飲みにくい、苦手と感じる理由は強すぎる苦み、酸味、雑味の3つです。逆に言うと、飲みやすいコーヒーは苦過ぎない、酸っぱくない、雑味がないです。

ひとことで言うと、まともな日本のコーヒー豆屋さんで買えば失敗は少ない。なぜなら日本人の味覚に合わせて味を決めているからです。(北欧、アメリカなどの豆は飲む人、飲み方を選ぶ)

なので結論として、新鮮なコーヒー豆(焙煎から2週間以内を目安に)を扱う店で「中煎り」または「中深煎り」「深煎り」と記載された豆を買えば失敗は少ないです。

コーヒーを飲みにくくする原因をもう少し詳しく解説します。

1.苦味が強すぎるコーヒーは飲みにくい

ここでの結論は、「スタバのように濃くてスモーキー、熱くて苦いコーヒーを選ばない」「85〜90℃前後のお湯を使う」ということ。

コーヒーの苦みは、「焙煎による苦み」「高温で抽出することで生まれる苦み」の2種類です。

コーヒーの苦味は主に焙煎によって生まれます。焙煎とは生豆を加熱することです。加熱しすぎると焦げに近い状態になります。料理と同じです。

スタバのコーヒー豆はミルクと合わせることを前提に焙煎しているため苦味がかなり強いです。コーヒー豆を選ぶときは無難に日本のメーカーのものから選ぶのが良いです。

また、沸騰直後のような熱湯を使うとコーヒーの苦みは増します。苦味という成分はお湯の温度が高ければ高いほど溶けやすいからです。

コーヒーを淹れる時は85〜90℃前後のお湯を使うのがベターです。

2.酸味が強すぎるコーヒーも飲みにくい

ここでの結論は「新鮮な中煎り or 中深煎り or 深煎りのコーヒー豆を選び、保存容器に豆を入れる」こと。

コーヒーを飲みにくくする原因の2つ目は酸味が強すぎること。コーヒー豆には元々フルーツ由来の酸味があります。

焙煎度合いが「浅煎り」と表記されているコーヒーには酸味が強く含まれます。さらに浅煎りは苦味が少ないため、相対的に酸味がより強く感じられます。

コーヒーの酸味は焙煎を進めることで少なくなります。すなわち中煎り以上の、ある程度深く焙煎したコーヒー豆を選べば、「酸っぱくて飲みにくい」ということはありません。

お手持ちのコーヒー豆の酸味を抑えたい場合、コーヒー豆を細挽きして短時間で抽出するのがおすすめ。時間をかければ酸味はより多く抽出されるからです。

コーヒーオイルの酸化も酸味の原因

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

また、コーヒーオイルが酸化することでも酸味は増します。

コーヒーオイルとは生豆に1割程度含まれる脂質のこと。焙煎することでコーヒー豆の表面へコーヒーオイルが染み出て、写真のようにテカテカします。

コーヒーの豊かな風味やまろやかな口当たりは「コーヒーオイル」が関係しています。

このオイルは酸素に触れると酸化し、酸味が生まれます。豆が酸化している多くの場合では、香り成分も揮発していることがほとんどなので、相対的に酸味が際立ちます。

これらを回避するには新鮮な中煎り以上のコーヒー豆を選ぶ。買ったコーヒー豆をアルミバッグなどの保存容器に入れることです。

3.渋みもコーヒーが飲みにくくなる原因

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

コーヒーの雑味は過抽出が主な原因です。

抽出時間が長すぎると渋みが増します。渋みが増すと口がキシキシします。また渋みは喉にへばりつくので後味が悪いと感じます。逆に飲みやすいコーヒーは喉をすっと抜けていきます。

過抽出を防ぐにはタイマーをセットして抽出時間を計ること。ペーパードリップの場合、豆を中挽き〜中細挽きにし、150mlを2分で抽出するのを目安の一つにすると良いです。

 

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選

1:土居珈琲 グァテマラ カペティロ農園(初めてのセット)

グァテマラ カペティロ農園

価格 ¥2,376
内容量 100g×2種類
100g単価 ¥1,188
1杯単価 ¥118
鮮度 ★★★★★(最高評価:注文後焙煎)
豆の産地 グァテマラ・エルサルバドル
精製方法 水洗式(ウォッシュド)
豆の品種 アラビカ種(ブルボン種)
焙煎度合い 深煎り
送料 550円
風味特性(フレーバー) ビターチョコレート・オレンジ

 

生豆博覧会で3度にわたり1位を受賞した「グァテマラ カペティロ農園」。

一口飲むと、ビターチョコレートを思わせる甘み、ほどよい苦み、マイルドな酸味のバランスが上品に整っています。

コーヒーが喉を通ると、鼻から抜けるアーモンドのような香ばしい風味がふわっと鼻腔をくすぐります。

土居珈琲 人気銘柄セット

土居珈琲の豆を初めて試す方は「初めてのセット」という2種類のコーヒー豆セットがおすすめ。

このセットにはグァテマラと、COE受賞の高級コーヒー豆「エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園」が入っています。

土居珈琲 エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

▲エルサルバドル・ラ・レフォルマ農園

 

柑橘系フルーツのような爽やかさがあります。酸っぱさはなく、誰もが飲みやすいと感じるであろう味です。

ほどよい苦味とフルーティーな甘みがあり、モーニングコーヒーとして選びたくなります。

2種類入っているので、気分によって味を変えられるのも良いです。

セット内容

  • 豆の量:100g×2種類=合計200g
  • 価格:2,376円
  • 100gあたりの価格:1,188円

 

土居珈琲 人気銘柄セット

初めてのセット
土居珈琲

公式サイトで詳細を見る

 

2:珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

価格 ¥2,138
(通常価格5940円:64%OFF
内容量 200g×3種類
100g単価 ¥356
1杯単価 ¥36
鮮度 ★★★★★(最高評価:注文後焙煎)
豆の産地 グァテマラ・コスタリカ・インドネシア
焙煎度合い 中深煎り・中煎り・深煎り(ハイロースト〜フルシティロースト)
精製方法 水洗式(ウォッシュド)・ハニープロセス(セミウォッシュド)・スマトラ式
豆の品種 アラビカ種(パカマラ種・カトゥーラ種・スマトラ種)
送料 無料
風味特性(フレーバー) チェリー・オレンジ・ビターチョコレート・はちみつ

 

珈琲きゃろっとの「初回限定セット」は、コスパ重視の方におすすめ。カルディと同等の「100g 356円」という値段からは想像がつかない「高級感のある味わい」が楽しめます。

欠点豆もほぼなし。豆の鮮度も良い。焙煎度合いも中煎り、中深煎り、深煎りなので、酸味が少ないです。

この豆、ちょっとお得に買えます。公式サイトにて初回限定セット注文後に「くるべさ定期便」というサービスに案内されます。

くるべさ定期便の案内

ここで一旦、定期便の「仮申し込み」をすると、深煎りの「マンデリン・スマトラタイガー」が200g付いてきます。

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

▲コクと甘みが特徴のマンデリン

公式通販ページに記載されていますが、この定期便は即解約できるため、実質無料で200gのコーヒーが手に入ります。

珈琲きゃろっと くるべさ定期便 解約

もし解約する場合、公式サイトにて数クリックで手続きは完了します。

珈琲きゃろっと 解約

 

セット内容をまとめると

  • 豆の量:200g×3種類=合計600g
  • 価格:2,138円(税込・送料込み)
  • 100gあたりの価格:356円

 

100g単価356円とかなりコスパが良いので、試しやすいです。

珈琲きゃろっと コーヒー豆3種 初回限定セット 2,138円(600g)送料無料

珈琲きゃろっと
初回限定セット

公式サイトで詳細を見る

 

3:チャンバーコーヒー プレミアムブレンド

チャンバーコーヒーのプレミアムブレンド

定期購入価格 ・通常 ¥3,240
初回 ¥2,138(34%OFF)
・2回目〜 ¥2,916(10%OFF)
定期サイクル 月1回
定期便の縛り なし
解約方法 メールor電話
内容量 360g(180g×2種類)
100g単価 ¥594
1杯単価 ¥59
鮮度 ★★★★☆(焙煎後10日以内)
豆の産地 ブラジル、ケニア、ジャマイカなど
精製方法 ナチュラル(乾式)・水洗式(ウォッシュド)など
豆の品種 アラビカ種(カトゥアイ種・ムンドノーボ種・SL28・ルイル11など)
焙煎度合い 中深煎り(シティロースト)・中煎り(ハイロースト)がメイン
送料 無料
風味特性(フレーバー) オレンジ・チョコレート・ストロベリーなど

チャンバーコーヒーは、スタバのコーヒー豆くらいの予算で買いたい方におすすめ。

チャンバーコーヒーとは、焙煎後10日以内のコーヒー豆(粉)が定期的に届く頒布会(はんぷかい)です。

簡単にいうと「コーヒー豆のサブスク」ですが、解約はメール1通でいつでも可能。購入期間や回数の縛りがないので、口に合わなかったら即解約できます。

チャンバーコーヒーのプレミアムブレンド

この店は豆の品質に強いこだわりがあり、カップ・オブ・エクセレンス入賞農園のコーヒー豆や、ハイマウンテン(ブルーマウンテン指定エリア外の高地で育てられたブルーマウンテンの兄弟的な銘柄)なども届きます。

参考までに、ハイマウンテンの実勢価格は200g ¥3,000前後

毎月こんな高級豆が届くわけではありませんが、今まで飲んだことのない銘柄を安く試せるのが気に入っています。

チャンバーコーヒー/ブラジル パッセイオ農園

毎月必ず届く「プレミアムブレンド」は、注湯すると粉がドーム状に大きく膨らみ、鮮度の良さを示します。

ひとくち飲むと、黒蜜のようにコクのある甘みが感じられ、ヘーゼルナッツのような香ばしく甘い余韻があります。

スッキリとした味わいで何度口をつけても飲み飽きない美味しさが僕は好きです。

セット内容をまとめると

  • 豆の量:180g×2種類=合計360g
  • 価格:2,138円(税込・送料込み)
  • 100gあたりの価格:594円

 

スターバックスのコーヒー豆と同じくらいの予算でお考えの方におすすめ。

チャンバーコーヒーのプレミアムブレンド

プレミアムブレンド
チャンバーコーヒー

公式サイトで詳細を見る

 

4.サザ贅沢ブレンド(豆)

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

価格 1,500円
内容量 200g
100g単価 750円
1杯単価 75円
豆の産地 ルワンダ・コロンビア・グァテマラ・ケニア
焙煎度合い 深煎り
精製方法 記載なし
豆の品種 記載なし

ほど良い酸味とコク、フローラルのような上品な香りが楽しめるコーヒー豆です。味のバランスが良く、口の中に残らないすっきりした後味も魅力。軽めのボディでコーヒーが苦手な人にも飲みやすい味です。サザコーヒーの豆は全体的にどれも高品質で美味しいです。

 

5.土居珈琲(DOI COFFEE) 甘いブレンド スペシャルミックス(豆)

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

価格 2,236円
内容量 200g
100g単価 1,118円
1杯単価 112円
豆の産地 ブラジル・コロンビア・メキシコ
焙煎度合い 中煎り
精製方法 記載なし
豆の品種 アラビカ種

口当たりの柔らかさとお砂糖不要の甘さが特徴です。本当に甘いので初めて飲んだときは驚きました。雑味もなくクリアな味わい。苦味も少なくて飲みやすいです。

後味はすっきりとキレが良く、苦味や酸味はもちろん、濃厚な甘みさえもしつこく残らないのがポイント。

 

6.加藤珈琲店 ゴールデンブレンド コーヒー(豆)

飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選。苦手で飲めなかった筆者が厳選

価格 2,894円
内容量 2,000g
100g単価 145円
1杯単価 14.5円
豆の産地 コロンビア・ホンジュラス
焙煎度合い 中煎り
精製方法 記載なし
豆の品種 記載なし

ロブスタ種も混じっていると言われていますが、激安コーヒー豆の中でも意外にちゃんと飲めるコーヒー。マイルドな味わいで甘みとコクもあります。味が強くないのでカフェオレには向きません。ブラックで飲むのにおすすめ。

 

7.小川珈琲 小川プレミアムブレンド(豆)

小川珈琲店 小川プレミアムブレンド

価格 874円
内容量 180g
100g単価 486円
1杯単価 48.6円
豆の産地 メキシコ・ブラジル・エチオピア・コロンビア
焙煎度合い 浅煎り・中煎り・深煎りのブレンド
精製方法 記載なし
豆の品種 記載なし

市販で買えるコーヒー豆の中ではおそらく一番飲みやすい商品です。コクや苦み、酸味などのバランスが良いです。とりあえず近所で豆を買いたい方におすすめ。ただし低品質のコーヒー豆を使っているので冷めると美味しくないです。熱いうちに飲むのがおすすめ。

 

ランキング一覧まとめ

最後に、飲みやすいコーヒー豆おすすめランキング7選をまとめます。

商品名 内容量 値段 1杯単価 味の特徴 購入先
1.土居珈琲
初めてのセット
200g
(200g×2種類)
2,376円 118円 ビターチョコレート・オレンジ 公式サイト
2.珈琲きゃろっと
初回限定セット
600g
(200g×3種類)
2,138円 36円 チェリー・オレンジ・ビターチョコレート・はちみつ 公式サイト
3.チャンバーコーヒー
プレミアムブレンド
360g
(180g×2種類)
2,138円 59円 オレンジ・チョコレート・ストロベリー 公式サイト
4.サザコーヒー
贅沢ブレンド
200g 1,500円 75円 フローラル Amazon
5.土居珈琲
甘いブレンド スペシャルミックス
200g 2,236円 112円 黒蜜、はちみつ Amazon
楽天
Yahoo
6.加藤珈琲店
ゴールデンブレンド コーヒー
2,000g 145円 14.5円 特になし Amazon
楽天
Yahoo
7.小川珈琲
小川プレミアムブレンド
180g 486円 48.6円 特になし Amazon
楽天
Yahoo

 

あわせて読みたい

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

僕が実際に飲んだ1,000種類以上から、本当に美味しかったコーヒー豆をおすすめしています。

総額100万円以上を使っている自腹レビューです。100g 700円前後のコーヒー豆を中心に紹介しています。

詳しくは「本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング10選|1000種類飲むマニアが厳選」をどうぞ。

 

また、コーヒー豆が安く買える「コーヒー豆の定期便(サブスク)ランキング」もまとめました。

サブスクは正直ぼったくりみたいな豆もありますが、まともな豆で初回限定50%オフ(縛りナシ)という良心的なお試しセットもあったので紹介します。

実際に飲んだレビューも掲載しています。


-コーヒーランキング

© 2022 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5