コーヒーの豆知識

グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介



  1. HOME >
  2. コーヒーの豆知識 >

グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

6750fcce9697abb42d6ee04ba34bd1fb 375x250 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒーは「水洗式」と呼ばれる精製方法が主流で、フルーティな甘い香りと酸味のきいたコクの強さが特徴です。

その上品な香りと風味は非常に人気が高く、日本人にも大変親しまれています。

数あるグアテマラ産コーヒー豆のなかでもおすすめの銘柄は、珈琲きゃろっと グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園です。

グアテマラ産コーヒー以外にも、さまざまなコーヒー豆がありますので下記で紹介していきます。

本当においしい
おすすめコーヒー豆ランキング15選

美味しいコーヒー豆が買えるお店をランキングで紹介しています。

どのお店をランクインさせるか?

悩みに悩んで厳選しました。

Recommended Coffee 150x150 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介
本当に美味しいおすすめコーヒー豆ランキング15【研究家が厳選】

続きを見る

 

コーヒーの産地グアテマラとは

80651219 koffiekop en koffiebonen op witte achtergrond  - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラは中央アメリカの北部、メキシコの南に位置する亜熱帯気候の国です。国土の北東はカリブ海、南は太平洋に面しています。

国土は日本の1/3程度ですが、コーヒーの生産量は世界第10位!中米を代表するコーヒー生産大国として知られています。

まずは、グアテマラという国の特徴やコーヒーの栽培環境を解説します。

グアテマラの産地について

3950699 s 375x281 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラは高地斜面の厳しい寒暖差、亜熱帯による豊富な雨量、国土の約70%を占める火山灰の肥沃な土壌など、コーヒー栽培には絶好の条件がそろっています。

多くは600m~1,500mの山の斜面で栽培され、昼と夜の激しい温度差によってコーヒー豆がしっかりと引き締まった実になります。

火山灰性の土壌はミネラル分が豊富で水はけが良く、高品質のコーヒー豆を栽培するのに最適な環境です。

グアテマラは1969年にグアテマラ国立コーヒー生産者協会(ANACAFE)を発足。生産者の指導や研究、世界に向けて販売やマーケティングを行い、国を挙げてコーヒー産業に力を入れています。

グアテマラにおけるコーヒー栽培の歴史

fc79b843a73e6da926bc05d39077645b 375x250 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラにおけるコーヒー栽培の歴史は、1750年代に修道士からコーヒー苗を持ち込まれたのが始まりです。

当時、輸出の中心であった天然染料が化学染料により打撃を受けてしまいます。そこで、コーヒーによって好景気だった隣国コスタリカに習い、1850年頃に本格的なコーヒー栽培を開始。

その栽培に適した環境から、1880年には輸出の約90%を占めるまでに成長し、現在のコーヒー生産大国となりました。

グアテマラ産コーヒー豆の栽培環境

1046cc6da10e9f430d08319c7775413c 375x248 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒー豆は標高による寒暖差、亜熱帯による降雨量、ミネラル分豊富で水はけの良い火山灰の土壌により、引き締まった熟成した実に成長します。

グアテマラのコーヒー農園のほとんどは、シェードツリーを用いた日陰栽培方式を採用しています。

これによって直射日光による葉焼けを防ぎ、生育のスピードをコントロールが可能になるのです。

世界中で需要が高いアラビカ種は直射日光が苦手なため、手法にも手間をかけて栽培されています。

グアテマラ産コーヒー豆の生産状況

d61a4dd687cd48e69285678422b52804 375x250 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒー豆の生産状況は年間約20~25万トン。世界構成比率の2.2%を占め、世界第10位という中米を代表するコーヒー生産量を誇っています。

グアテマラの代表的なコーヒーの産地は、アンティグア、ウェウェテナンゴ、サンマルコス、アティトラン、コバン、フライハーネス、ニューオリエンテ、アカテナンゴの8つのエリアです。

アメリカ・カナダに次いで日本は第3位の輸出先となっています。

缶コーヒーの「レインボーマウンテンブレンド」もグアテマラ産コーヒー豆が使用され、日本でも広く親しまれています。

グアテマラ産コーヒー豆の等級・グレード

d556c4c525d3cd1e93243bb9bd68985f - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒー豆の等級・グレードについて解説します。

グアテマラコーヒーは、以下のようにコーヒー豆が栽培された産地の標高で7等級・グレードに分けられます。より標高が高く、厳しい気候環境ほどコーヒー豆の風味が豊かに仕上がるのです。

  • 標高1,350m〜:SHB(ストリクトリーハードビーン)
  • 標高1,200〜1,350m:HB(ハードビーン)
  • 標高1,050〜1,200m:SH(セミハードビーン)
  • 標高900〜1,050m :EXP(エクストラプライムウォッシュド)
  • 標高750〜900m:PW(プライムウォッシュド)
  • 標高600~750m:EGW(エクストラ グッド ウォッシュド)
  • 標高~600m :GW(グッド ウォッシュド)

グアテマラ産コーヒーの特徴

ではここから、グアテマラ産コーヒーの精製方法、味わい・香りの特徴を解説します。

産地ごとに味や香りの特徴が分かると、自分好みのコーヒー豆を選びやすくなります。ぜひチェックしてみてください。

グアテマラ産コーヒーの精製方法

a04ab94bc32d66893a31da3d2b97113c - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒーの精製方法は、95%以上が水洗式(ウォッシュト)です。

水洗式で精製すると、コーヒー豆を加工する際にコーヒーチェリーの果実部分を洗い流せるため、発酵による風味生成が少なくなります。

そのため、果実味のある酸味が出やすくなり、個性的で複雑な味わいを楽しめるのです。

そして、コンクリート・タイル・レンガなどのパティオで天日乾燥を行い、豆を取り出していきます。

グアテマラ産コーヒーの味わい・香りの特徴

b8a0327b5b9637e707aaef6b5da16a65 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

グアテマラ産コーヒーの味わいの特徴は、甘い香りとコクの強さです。

フルーティなやや強めの酸味もあり、花のような芳しい香りに癒やされます。リラックスしたいときにもおすすめです。

酸味とコクのバランスも素晴らしく、鼻から甘い香りが抜けていくのを楽しめます。

グアテマラ産コーヒーの品種・種類

ここから、グアテマラ産コーヒーの品種・種類について解説します。

品種は「アラビカ種」が主流ですが、そのなかでもブルボン種、ティピカ種などがメインとなります。フルーティな酸味と苦みのベストバランスが魅力ですが、同じ品種でも産地ごとに特徴が大きく異なります。

グアテマラにはいくつもの生産地域が存在し、標高やその土地環境により微妙に風味や香りに違いがあるのです。

ここではアラビカ種であるティピカやブルボンなど、おなじみのグアテマラコーヒーの品種・ブランドについて紹介していきます。

ティピカ種

coffee Cherry 1619767008 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

ティピカは、グアテマラコーヒー2大品種の1つである高級コーヒーです。

その味わいは非常に高品質で、香り高く、上品な酸味と甘味を同時に持ちあわせています。

アラビカ種のなかで最も原種に近く、細長い形が特徴的です。しかし、さび病に弱く日陰で栽培が必要なため、生産性が悪く安定した供給が難しい品種です。

そのため、希少価値が上がり高級品として市場に出回っています。

ブルボン種

ブルボンもティピカと並び、グアテマラコーヒーの2大品種の1つです。

ティピカが突然変異して生まれた、小粒で丸みのあるコーヒー豆です。完熟すると風味が変わります。

なかでも、黄色く完熟したイエローブルボンはしっかりとした甘みで香り高く、高級コーヒーにふさわしいまろやかなコクを楽しめます。

ブルボンは収穫が2年に1回のため生産性が低く、さび病や害虫・天候異常に弱く供給が不安定です。

そのため、ブルボンもティピカ同様に希少価値が上がり、高級品として市場に出回っています。

ムンドノーボ種

ムンドノーボは、ティピカとブルボンの自然交配種で珍しい品種です。

1943年にブラジルサンパウロのムンドノーボ地区で交配されたことが、名前の由来となっています。

特徴はなんといっても深いコクです。酸味や苦みが少ないため、しっかりとしたうまみや後味の良さを求める方におすすめです。

ティピカやブルボンとは異なりさび病や害虫に強く、安定供給が可能です。ブラジルの主要栽培品種の1つとして現在も人気があります。

大量生産が可能なため風味が劣ることもありますが、グアテマラにおいては希少品種のため丁寧に生産されています。

パカマラ種

パカマラ種はティピカの突然変異であるマラゴジッぺ種と、ブルボンの突然変異であるパーカス種の交配によって生まれました。

アイスコーヒーにすると、味や風味にさらに深みが出るのも特徴。

パカマラ種も希少品種の1つで、原産地はエルサルバドルにあるモンテカルロ農園です。

日本でも有名なスターバックスコーヒーは、モンテカルロ農園のコーヒー豆を全て購入しています。

それほど生産性が低く、希少価値が高い品種です。

グアテマラ産コーヒーの美味しい飲み方

4c9af254019acab867930df71a81ce03 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

品種や種類について理解を深めたところで、次はグアテマラ産コーヒーの美味しい飲み方を紹介します。

グアテマラ産コーヒーは豆の焙煎度合いや、挽き具合、淹れ方によってさまざまな味わいが楽しめます。

おすすめの焙煎度合い

グアテマラ産コーヒーの焙煎度合いですが、酸味を存分に味わいたいならハイロースト~シティローストがおすすめです。

ハイローストのコーヒー豆なら、酸味のなかにほのかな苦味を感じられ、ほどよいコクも楽しめます。

シティローストだと苦味とコクが強くなり、香味も増します。

アイスコーヒーにするなら苦味やコクが強いシティロースト以上の「深煎り」がおすすめです。

ミルクを入れる場合も、深煎りのほうがより美味しく飲めます。

おすすめの挽き具合

グアテマラ産コーヒーの挽き具合についてですが、甘い香りとコクの強さを楽しむなら、中粗挽きがおすすめです。

ハンドドリップに向く一般的な挽目で、お湯を落とす速度で濃さや風味をお好みに調節できます。

おすすめの淹れ方

グアテマラ産コーヒーのおすすめの淹れ方ですが、85度前後のお湯で抽出時間は2分/150mlを目安に行うのがコツです。

グアテマラ独特のコクと甘味を直に感じたい方は、ブラックがおすすめです。

ミルク入りの「カフェコンレチェ」と呼ばれるグアテマラコーヒーも人気があり親しまれています。

グアテマラは酸味が強いため、ミルクと合わせる場合は深煎りがおすすめです。まろやかでコクのあるミルクコーヒーを楽しめるでしょう。

グアテマラのおすすめコーヒー豆3選

ここから、グアテマラ産のおすすめコーヒー豆ランキング3選を焙煎度別に紹介します。

グアテマラ産のコーヒー豆は、同じ品種でも産地ごとに風味や香りが変わります。ぜひその違いを楽しんでください。

第1位:珈琲きゃろっと グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園(中深煎り)

a49879f38a2dfb665db4a123483fe2b5 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

珈琲きゃろっと
グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園(中深煎り)

珈琲きゃろっとの「グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園」はベリー系のフルーツのようなジューシーさと赤ワインのようなボディ感に加え、濃厚なコクと甘みが特徴です。

素晴らしいクリーンカップと甘味が持続するアフターテイストが口に残ります。

きゃろっとのお試しセットの1品として2009年より販売され、最も人気の高い商品の1つがグアヤボ農園です。

公式サイト

第2位:サザコーヒー サザグァテマラ

7df6eafa67f65a6344a47d67080a3d73 600x583 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

サザコーヒー
サザグァテマラ

茨城県ひたちなか市に本店を構える人気コーヒーチェーン「サザコーヒー」の人気銘柄。

グレープフルーツのようなジューシーな酸味と苦みが特徴。

コーヒーが少し冷めると、お米を噛むときに感じられるような「甘味」が口に広がります。

冷めても美味しい、品質の高いおすすめコーヒー豆です。

Amazonで探す

第3位:銀河コーヒー グアテマラ アンティグア 「ラ・アゾテア」 

645cae37852565d5ef74f012f7b1c4aa 375x364 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介

銀河コーヒー
グアテマラ アンティグア 「ラ・アゾテア」

コーヒー通が口を揃える言葉、「グァテマラのコーヒーを語るなら、まずはアンティグアのコーヒーを」。

そんな「ラ・アゾテア」はスペシャリティコーヒー評価の中でもトップクラスの84.75点。

ひとくち飲むと、上品で滑らかな口当たりが楽しめます。

まったりとしたグアテマラ特有の甘み、様々なフルーツを想起させる爽やかなフレーバーが特徴。

「3つの火山」と「美しい水源」に囲まれた環境が生み出したフルーティーなコーヒーです。

Amazonで探す

Yahooショッピングで探す

グアテマラ産コーヒーの特徴まとめ

今回は、グアテマラ産コーヒーの特徴について解説しました。

グアテマラ産コーヒーは「水洗式」が主な精製方法で、フルーティな甘い香りと酸味のきいたコクの強さが特徴です。

数あるコーヒー豆のなかでおすすめの銘柄は、「珈琲きゃろっと グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園」です。

「グアテマラ・ブラン・デル・グアヤボ農園」は、お試しセットで購入する方が単品購入よりもお得です。

単品購入だと100gあたり945円ですが、お試しセットなら356円で飲めるので、詳しくは下記をどうぞ。

387b6b1a78546d222884ef2a48630576 150x150 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介
【珈琲きゃろっと】コーヒー豆3種1980円「初回限定セット」の感想を正直に述べる

続きを見る

グアテマラコーヒー以外にも、多彩なおすすめコーヒー豆を下記で紹介しています。ぜひチェックしてみて下さい。

本当においしい
おすすめコーヒー豆ランキング15選

美味しいコーヒー豆が買えるお店をランキングで紹介しています。

どのお店をランクインさせるか?

悩みに悩んで厳選しました。

Recommended Coffee 150x150 - グアテマラコーヒーの特徴|味や香り、おすすめコーヒー豆も紹介
本当に美味しいおすすめコーヒー豆ランキング15【研究家が厳選】

続きを見る

 


-コーヒーの豆知識
-,

© 2021 山口的おいしいコーヒーブログ Powered by AFFINGER5