当サイトのコンテンツには広告が含まれます。

コーヒーの豆知識

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

  1. HOME >
  2. コーヒーの豆知識 >

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

イタリア生まれのコーヒー抽出器具「マキネッタ」は八角形のおしゃれな外観が魅力的です。

日本ではあまり見かけないコーヒー器具なので、「使い方やお手入れの方法がわからない」という不安な人も多いと思いますが、実は直火にかけるだけでエスプレッソのような濃厚なコーヒーが簡単に淹れられる優れものです。

この記事では直火式エスプレッソメーカーマキネッタ」の仕組みや使い方、お手入れの方法、マキネッタで淹れたコーヒーのアレンジや、エスプレッソマシンで入れたような「綺麗なクレマ」を作るコツまで紹介します。

【76種類を飲み比べ】Amazon、楽天などのコーヒー豆を飲んで比較してみた

Amazonや楽天、有名ブランドなどのコーヒー豆76種類を実際に飲み比べて、ランキング形式でおすすめを紹介しています。

▼ランキング結果を見る

本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング【2024年版】

※当ページの情報は執筆時点の情報です。商品に関する最新の情報は各メーカー、販売店にお問い合わせください。※当サイトのコンテンツではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

マキネッタとは

a coffee pot sitting on top of a table next to a cup

マキネッタとは、直火式エスプレッソメーカーの呼称です。エスプレッソポットやモカポットなど、さまざまな呼び名があります。

直火式エスプレッソメーカーとは

直火式エスプレッソメーカーとは、文字通りコーヒーを直接加熱することで蒸気圧を作り、それを利用して抽出するエスプレッソマシンのこと。蒸気圧は電気式(ポンプ式)ほど高くはなく、クレマはカップに注いでもほとんど残らないほど小さい。しかし、抽出力は意外に強く、抽出後のコーヒー粉がガチガチに固まるほどの蒸気圧が得られる

マキネッタを発明したのはイタリアのビアレッティ社

マキネッタを発明したのは、エスプレッソの本場イタリアのビアレッティ社で「モカエキスプレス」という商品名で1933年に発売されました。

ビアレッティ社とは

ビアレッティは、コーヒーの本場イタリアで1919年に創業したコーヒーメーカーおよび周辺機器の老舗。マキネッタで有名だが、フレンチプレス、ミルクスチーマー、コーヒー豆なども販売している。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

「モカエキスプレス」という名前から、別名を「モカポット」ともいい、イタリアでは「モッカ(MOKA)」の愛称で親しまれています。イタリアでは7割の家庭に置かれている人気のコーヒー抽出器具です。

マキネッタは直接火にかけて蒸気の圧力を利用してコーヒーを抽出する器具です

バールにあるようなエスプレッソマシンほど圧力がかからないため、抽出したコーヒーは正確にはエスプレッソとは呼びません。

また、エスプレッソで重要視される泡の層「クレマ」も、マキネッタで作ったコーヒーにはほとんど見られません。

しかし手軽さと耐久性、デザイン性の面でマキネッタは非常に優れており、考案したビアレッティ社だけでも世界中でこれまで2億台以上販売されてきた実績がその価値を物語っています。

最近では、ガスコンロがあるキッチンの方が少数派になってきましたが、IHに対応したマキネッタも各メーカーから発売されています。

マキネッタの特徴

silver coffee pot pouring on clear glass cup

マキネッタは非常にメリットが多いコーヒー器具です。いちばんのメリットは飲みたいときにすぐコーヒーを飲める手軽さです

マキネッタ用やエスプレッソ用のコーヒー豆と水をセットして直火にかけるだけなので、面倒な計量も不要です。コーヒーを飲んだ後の手入れも簡単で、さっと水洗いして食器かごで乾かしておくだけです

マキネッタはどこにでも置けるコンパクトなサイズですし、テーブルの上に出しっぱなしでも部屋をお洒落に演出してくれます

直火式エスプレッソマシン マキネッタ

3カップ用のマキネッタでも意外にコンパクト。片手で軽々と持ち運べる。キャンプにもおすすめ

また、コスパの面では、どんなコーヒーメーカー(エスプレッソマシン)よりも優れていると言っても過言ではありません。数千円で購入でき、シンプルな構造なので簡単には故障しません。

マキネッタを考案したビアレッティ社では、標準的なアルミ製マキネッタ「モカエキスプレス」は「一生使える」ことを想定して設計しており、実際にイタリアでは50年以上使い続けている家庭もあります

また、使い込むほどにコーヒーの香りが器具に馴染むため、好みの味わいが出しやすくなるのも特徴です。

マキネッタのおすすめサイズ(カップ数)

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

マキネッタを購入する際には「どのカップ数を選ぶか」というサイズ選びが非常に重要です。

マキネッタは構造上、基本的にいつも同じ量のコーヒーを作ることになり、「大は小を兼ねる」という使い方ができません

なぜなら、コーヒー豆(粉)を入れるバスケット部分が満たされていないと、コーヒーを抽出する際に十分な圧力がかからず、薄いコーヒーができてしまうからです。

せっかくマキネッタを買ったのにサイズが微妙で使えなかった」という失敗は絶対に避けたいはずなので、ここから「ビアレッティのサイズの選び方がわからない!」という悩みをひと目で解決できるよう説明します。

マキネッタのサイズ・カップ数の一覧

結論から言うと、1人でコーヒーを飲む場合でも、2カップ用のマキネッタを購入する人が多いです。

以下に、マキネッタのサイズ・カップ数の一覧をまとめました。

カップ数 コーヒーの量 ビアレッティの対応機種
1カップ 40ml モカエキスプレス
2カップ 80ml モカエキスプレス
ブリッカ
ヴィーナス
3カップ 120ml モカエキスプレス
4カップ 160ml モカエキスプレス
ブリッカ
ヴィーナス
モカインダクション
6カップ 240ml モカエキスプレス
ヴィーナス
モカインダクション
9カップ 360ml モカエキスプレス
12カップ 480ml モカエキスプレス
18カップ 900ml モカエキスプレス

ビアレッティのマキネッタは、1カップにつき約40~50mlのコーヒーを淹れることができます。

ドリップコーヒーが1杯あたり150ml程度であることを考えると、マキネッタで入れた40~50mlのコーヒーは量が少ないため、人によっては「一口で飲み干してしまう」ということもあるでしょう。

実際に1カップ用のマキネッタを買ったけど「もっと大きいカップ数のにしておけばよかった」という購入者の口コミもあるので、初めてマキネッタを買うなら2カップ用がおすすめです。

コーヒー1杯飲むにはこの1杯用で良いかなと思って購入しましたが、思ったより抽出量少なくて、カフェラテなどアレンジに使っても、1杯がすごく多くなるわけではないので、たくさん飲みたい人には2杯用とかの方が良いかもしれません。私も2杯用にしても良かったなと思ってます。

1人で使うように買いました。コーヒーをキャンプで1杯飲む用で買ったのですが、思ったよりも小さい。抽出できる量が少ないので、多めに飲みたい方にはおすすめしません。

一人分でたっぷりのコーヒーを飲むのに2カップ用でちょうどでした

2カップ用で200〜250mlくらいのカフェ・オ・レを作っています。

3カップ用を一人用として使っていましたが、中途半端にコーヒーが余るので、こちら(2カップ用)を購入しました。丁度良くて満足です。

基本的に、1人でコーヒーを飲むなら2カップ、2人で飲むなら3カップか4カップがおすすめです。

マキネッタで作るコーヒーは味が濃いので、3カップ(120ml)だと「濃いめの味に飽きた」という可能性も出てきます。

また、カップ数が大きくなれば、その分、毎回使うコーヒー粉の量も多くなります。(2カップなら12~15g。3カップなら19~21gを粉を使います)

これらを踏まえると、最初は2カップ用のマキネッタを買っておけば間違いないでしょう。

マキネッタで入れるコーヒーとエスプレッソの違い

silver and black coffee maker

直火式のマキネッタと電気式エスプレッソマシンの共通点は、少量の濃厚なコーヒーを淹れることができること。

マキネッタは直火式エスプレッソメーカーと説明しましたが、抽出時にかかる気圧と温度が違うため、マキネッタで淹れたコーヒーはマシンで淹れたエスプレッソとは全く別の飲み物になります

抽出時の圧力は、マキネッタが1~2気圧に対して、エスプレッソマシンでは9気圧以上です。

また、マキネッタはお湯が沸いたときの蒸気圧を利用してコーヒーを抽出するのに対し、エスプレッソマシンはポンプなどで圧力をかけてコーヒーを抽出します。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

マキネッタは1~2気圧(蒸気圧)

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

エスプレッソマシンは9気圧(ポンプ圧)

マキネッタとエスプレッソマシンでは、コーヒーを抽出する温度も違いがあります。

沸騰したお湯がそのまま粉を通るマキネッタでは、ほぼ100℃でコーヒーを抽出するのに対し、エスプレッソマシンでは85~95℃ぐらいでコーヒーを抽出します。

100℃という超高温でコーヒーを抽出するマキネッタですが、意外に雑味は少なく香りも豊かです。マシンで淹れたエスプレッソに比べるとコーヒーの量が多く、多少さらっとしていてクレマもありませんが、一口飲んで素直に美味しいといえる味わいです

関連記事
エスプレッソとは
エスプレッソと普通のコーヒーの違いをバリスタが解説

続きを見る

マキネッタの仕組み

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

ここから、マキネッタの仕組みを解説します。

マキネッタは上部のサーバーと下部のボイラーの二階建て構造になっていて取り外しができます。中央にはコーヒー粉を入れるバスケットがはめ込んであります。

まずは、お水か沸騰させたお湯を下のボイラーに入れます。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

お水を入れて 火にかけるのが一般的ですが、僕はケトルで沸かしたお湯をボイラーに入れています。コーヒーの味は大きく変わりません。

ボイラーに入れるお水の量ですが、内部の安全弁(丸いポチっとした所)の下まで入れます。

次に、コーヒー粉をすり切り一杯バスケットに詰めます。この時に、バスケットの縁にコーヒー粉がつかないように注意してください。

コーヒー粉と水をセットしたら火にかけます。すると水が温まり蒸気が出て、マキネッタ内部の気圧が高まります。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

引用:Italia Cfaffe' Espresso

蒸気圧によって押し上げられた湯が、コーヒー粉の入ったバスケットに下から入り込み、コーヒーを抽出します。

抽出されたコーヒーはノズルを通り上のサーバーに溜まります。

つまり蒸気の圧力でお湯が下から上に上がるときにコーヒー粉を通過して抽出されるという仕組みです

マキネッタの使い方

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

引用:Bialetti Japan

次にマキネッタの使い方を紹介します。まず、マキネッタの下のボイラー部分に水を入れます。

次にバスケットにすき間なくコーヒー粉を入れ、上が平らになるようにならし、周りについた粉をふき取ります。

水の分量は内側についているネジまで、コーヒー粉はバスケットにすり切り1杯ですので、量を測る手間が省けることも、マキネッタの手軽さです。

粉を入れるとき、エスプレッソマシンのように粉を押し込む「タンピング」をする人もいますが、特に必要ではありません。

タンピングとは

タンピングとは、エスプレッソマシンでエスプレッソを抽出する際に、フィルターに入れたコーヒー粉に圧力をかけて水平に固めるよう圧力をかける作業のこと。

エスプレッソを抽出するとき、コーヒー粉には約24kgの力がかかると言われている。タンピングせずに抽出しても一応エスプレッソを淹れることはできるが、抽出ムラが出やすくなり、エスプレッソ特有のクリーミーさを感じにくくなったり、味が薄くなったりする。

抽出ムラが出ないよう、適切にコーヒー粉を圧縮する作業をタンピングという。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

バスケットをセットして上部のサーバーを取り付けます。ジャム瓶のふたをするように回し、しっかりと締めます。

そのままマキネッタをガスコンロや五徳などに置いて、弱火(最弱火で)でゆっくり加熱します。

お湯が沸くポコポコという音が聞こえてしばらくしたら、そっとサーバーの蓋を開けてみてください。

いつのまにかエスプレッソ風のコーヒーが出来あがって上のサーバーに溜まっているので、初めての人はびっくりするかもしれません。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

ポコポコと音を立てて、美味しそうなコーヒーが抽出されます

最近はガスコンロのある家庭の方が少数派だと思います。マキネッタの中でもステンレス製のものはIHでも使用でき、ビアレッティ社の「モカインダクション」や、G.A.T社の「マグニフィカ」などIH対応の製品も色々出ています

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

▲イタリアを代表するカフェテリアメーカーG.A.T.社製の3カップエスプレッソマシン「カフェティエラ マグニフィカ 3カップ用 GAMG3」。イタリアンデザインの流れるようなフォルムと木製のハンドルが特徴。火にかけて3~5分でおいしいエスプレッソが出来上がる。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

IH対応のモカ インダクション。上部はモカエキスプレスと同じくアルミニウム合金、下部のタンクはステーンレスとアルミのグラッド鋼で製造。ガス火も使えるオール熱源対応。

マキネッタは実はアウトドアでも威力を発揮します。ドリップ式だと風で倒れたり、抽出中に冷めてしまったりというハプニングが起きやすいのですが、マキネッタなら火にかけるだけで熱々のコーヒーが出来上がります

関連記事
キャンプ用のコーヒー豆おすすめ5選|アウトドアに最適な保存容器も
挽きやすいキャンプ用コーヒー豆おすすめ10選!持ち運び容器や便利グッズも紹介

続きを見る

マキネッタにはシティ〜フルシティローストの豆を使うのが一般的

brown coffee beans in stainless steel bowl

マキネッタを考案したビアレッティ社は、イタリア北部のミラノの中心街から東に車で1時間ほどの所にあります。

このイタリア北部で好まれているのは「ミディアム」と呼ばれる焙煎で、日本では「シティ」と呼ばれる焙煎度合いです。苦味はあまりなく軽く爽やかな酸味があります

イタリアのコーヒーは砂糖を入れることで味わいが完成するように焙煎も設計されています。ミディアムローストのコーヒーに砂糖を入れると、甘酸っぱいデザートのような味わいになります。

イタリア南部で好まれるのは「ダークロースト」という焙煎で、日本では「フルシティ」と呼ばれる焙煎度合いです。こちらは砂糖を入れるとビターチョコのような味わいが楽しめます

実はマキネッタに使う豆はドリップコーヒーに使う豆の焙煎方法と工程が多少異なります。高温や高圧での抽出に合わせ、香りとコクが豊かでも雑味が出ないように調整されています。

初めてマキネッタを使うときは、一度イタリアのコーヒー豆を試してみると、その後のコーヒー選びの基準になるでしょう。

爽やかな味わいが好みなら「ミディアム」、酸味わいが苦手なら「ダーク」がおすすめです。

関連記事
実際に飲んだマキネッタ用のコーヒー豆おすすめ7選!イタリアの元バリスタが紹介

続きを見る

マキネッタに使うコーヒー豆は細挽きか極細挽きを選ぶ

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

マキネッタに使うコーヒー豆は細挽きが最適です。しかし、イタリアのメーカーのコーヒー豆はすでにエスプレッソマシン用に極細挽きになって販売されていることもあります。

極細挽きのコーヒー粉を使うとお湯が通りにくく、うまく抽出できないというケースもありますが、粉を固く詰め込んだりしなければ極細挽きでも詰まることなく抽出できます

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

指で軽く圧縮するようなイメージで粉を固めると、 エスプレッソ用の粉でもマキネッタで抽出できます

マキネッタでクレマを出す方法

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

ビアレッティ社の「ブリッカ」を使ってもクレマは出ますが、今回は普通のマキネッタでクレマを出す方法を紹介します

クレマとは、エスプレッソの液面に浮かぶ泡のことで、焙煎されたコーヒー豆に蓄積された二酸化炭素からできています。

コーヒー専門家
クレマはイタリア語で「クリーム」を意味します。

コーヒー豆に含まれる脂肪分やタンパク質に由来する甘みの元と言われており、その出来栄えはエスプレッソマシンによって異なります。

一般的なマキネッタではエスプレッソマシンのように高い圧力をかけられないため、通常、クレマはほとんどできません。

しかし、工夫次第では厚いクレマの層を作ることもできます。ポイントは二酸化炭素が多く含まれる新鮮なダークロースト(フルシティローストやフレンチローストの深煎りの豆・粉)を使うことです。

コーヒー豆は極細挽きにし、エスプレッソマシンのように「タンピング(粉を押し込む)」します。

細かい粉が穴に詰まるのを防ぐため、バスケットにはペーパーフィルターを敷いておきます。

次に、ボイラーだけを火にかけて、お湯が沸騰してからサーバーを組み立てます。その後はとろ火で抽出します。

この方法で抽出すると、ブリッカじゃない普通のマキネッタでも濃厚なクレマを出すことができます。ただし手間がかかる上にマキネッタの普通の使い方ではないので、日常的にはおすすめしません。

実際にマキネッタでクレマを出す方法はこちらの動画がわかりやすくて参考になります。

ビアレッティ ブリッカなら簡単にクレマが楽しめる

マキネッタでより気軽にクレマを楽しみたい場合は、 先ほど紹介した「ブリッカ」などクレマがより多く出る製品を購入することをおすすめします。

ブリッカは通常のマキネッタと同じビアレッティ社が製造しているため、基本的な構造は同じです。また、「熱源が直火式」「素材がアルミ」という点も共通しています。

通常のマキネッタとブリッカの違いは「特殊バルブの有無」です。

ブリッカは、マキネッタ上部のサーバーの中(コーヒーが抽出される部分)に「バルブ」という重しのようなものを置くことで、ぎりぎりまで圧力をためて抽出することでクレマができやすい構造になっています。

コーヒー専門家
この特殊バルブはビアレッティが特許を取得しています

特殊バルブがあることにより、通常のマキネッタより2気圧ほど高い圧力でコーヒーを抽出できるのが特徴です。(コーヒーが抽出完了するまでの時間はほぼ同じ。)

特殊バルブが付いているため通常のモカエキスプレスよりは重いです。そのためキャンプなど持ち運びには不向きかもしれませんが、手軽にクレマを楽しみたい人にはおすすめです。

マキネッタでラテアートを描く方法

latte art, coffee, latte

マキネッタで抽出した濃厚なコーヒーに泡立てたミルクを入れると、カフェラテのような味わいが楽しめます。

おしゃれに演出したければ、ラテアートを描くことも不可能ではありません。

作り方は、カップにマキネッタで抽出したコーヒー液を30mlほど入れ、60°に温めておいたミルクをミルクフォーマーを使って泡立て、カップに注ぎます。

マシンで抽出した場合に比べると輪郭が多少わかりにくくはなりますが、きちんと描くことができます。コツはミルクをしっかりきめ細かく泡立てておくことです

実際にマキネッタでラテアートを描く方法はこちらの動画がわかりやすくて参考になります。

マキネッタの手入れ方法(洗剤で洗ってはいけない)

yellow ceramic mug on white table

マキネッタを手入れする際、洗剤を使って洗ってはいけません。洗剤の匂いがうつり、コーヒーの風味が変わってしまうためです。食洗器もNGです

マキネッタの手入れは非常にシンプルです。使い終わった後は、水でさっと洗い、自然乾燥させておくだけです。

新品のピカピカのマキネッタは、コーヒーの油分や色が目立って、つい洗剤を使いたくなるかもしれませんが、完全に落とす必要はありません。

マキネッタは使い込んでいくほどにコーヒーの成分がなじみ、より好みのコーヒーの味わいが楽しめるようになります。

マキネッタ用のおすすめコーヒー豆と粉

ここから、実際に飲んでおいしいと感じたマキネッタ用のおすすめコーヒー豆と粉を3つ紹介します。

キンボ(KINBO)ナポリ(豆・粉)

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

1,403円 250g

キンボのナポレターノ(ナポリ)は、名前の通りナポリの昔ながらの製法を忠実に表現したコーヒー豆です。アラビカ種80%にロブスタ種を20%ブレンドしていて、力強さとコクの深さ、上品さのバランスが絶妙なコーヒー豆です。

エスプレッソ、カプチーノ、カフェジャポネーゼ(デロンギの全自動エスプレッソマシン マグニフィカについている抽出機能)どれでも美味しく飲めます。キンボのコーヒー豆はパンチの効いた野生的なフレーバーが多いですが、ナポリは非常にバランスが良いコーヒー豆です。

250gサイズでお試しできるので、まずは少量だけキンボのコーヒー豆を買ってみたい人におすすめのマキネッタ用コーヒー豆です。ドリップコーヒーを抽出しても美味しいので、1つで色んな飲み方ができます。

100gあたり 561円
鮮度 ★★★☆☆
焙煎度合い 深煎り
産地 ブラジル、インド、他
品種 アラビカ種80%・ロブスタ種20%

Lavazza ラバッツァ エスプレッソ (粉)

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

1,190円 250g

Lavazzaは120年以上の歴史を持ち、世界中で広く認知されているブランドです。90カ国以上で年間270億杯以上もラバッツァのコーヒーが飲まれています。

使用されるコーヒー豆は、世界30カ国以上から厳しい基準に従って選び抜かれ、熟練のブレンド技術と独自の焙煎方法によって、他では再現できない深みのある風味のコーヒーが生み出されています。

Lavazzaのコーヒーはイタリア人にとっては、スーパーなどでも手に入ることから非常になじみの深い存在となっています。

こちらの粉はエスプレッソマシンでもマキネッタでも使えます。ヘーゼルナッツのような甘い香りと、ビターチョコレートのような味わいが強く感じられます。

ズシンとくる苦味の中にも甘みを感じられるので、エスプレッソはもちろん、ラテやカプチーノなどのミルクメニューとも相性が良いです。

ラバッツァのコーヒーはお砂糖を入れなくても甘みを感じるものが多く、どれも飲みやすいのでエスプレッソ初心者の方におすすめのコーヒーです。

100gあたり 476円
鮮度 ★★☆☆☆
豆の産地 ブラジル、ペルー、その他
焙煎度合い 深煎り
豆の品種 アラビカ種100%
LAVAZZA ラバッツァ
¥1,018 (2024/07/20 00:11:47時点 Amazon調べ-詳細)

illy(イリー)モカ粉 ミディアムロースト クラシコ(マキネッタ用)

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

1,897円 250g

illy(イリー)は1933年にイタリア最北東部の都市トリエステで誕生したコーヒーブランドです。

生豆は出荷前に生産地で厳しく管理され、イタリアに到着後、自社工場でさらに分析、選別され、140以上の厳しい工程を経て製品となります。 豆はアラビカ種だけを100%使用し、ラバッツァやキンボ(KIMBO)とは異なる「きれいな味わい」が特徴です。

そんなイリーのコーヒーで一番スタンダードな商品が、ミディアムロースト(クラシコ)です。チョコレートの風味をもつブラジルと、オレンジのような香りが特徴のエチオピアをブレンドしていて、苦味と酸味のバランスが良いです。

イリーの味わいを象徴するような「クリーンさ」が楽しめるおすすめコーヒーです。初めてイリーのコーヒーを買うなら、まず「ミディアムロースト クラシコ」を試すのがおすすめです。

100gあたり 759円
鮮度 ★★★☆☆
豆の産地 ブラジル・エチオピア 他
焙煎度合い 中深煎り

マキネッタ用のおすすめコーヒーをもっと詳しく見る

上記以外にもマキネッタ用におすすめのコーヒーが色々あります。

実際に購入したilly(イリー)やキンボ(KINBO)の詳しいレビューはこちらをご覧ください。

関連記事
illy(イリー)コーヒーおすすめランキング10選!本場イタリアの味を楽しもう

続きを見る

関連記事
キンボ(KIMBO)のコーヒー豆とエスプレッソ用の粉おすすめ9選!実際に飲んで美味しかったのはこれ

続きを見る

イタリア人のマキネッタの楽しみ方

gray and black moka pot on top of gray gas range oven

マキネッタはイタリアの家庭の7割に普及しています。イタリア人が自宅でコーヒーを淹れるときは、必ずといっていいほどマキネッタを使用します。

何十年も愛用しているアンティークのようなマキネッタが置いてあることもあります。

毎朝マキネッタで人数分のコーヒーを沸かすのが習慣という家庭もあれば、使うのは週に2、3回という家庭までさまざまです。

朝食にはミルクをたっぷり入れたカフェオレのようなものがよく飲まれています。カプチーノは家庭で作る飲み物ではなく、マシンで抽出したエスプレッソを使いミルクを泡立てる手間もかかるので、バールのような店で飲むものです。

関連記事
カフェオレ
カフェオレ、カフェラテ、カプチーノ、カフェモカの違いと作り方を紹介

続きを見る

日本ではブラックコーヒーがよく飲まれていますが、イタリアではマキネッタで淹れたコーヒーをそのまま飲むことは少ないです

イタリア人はエスプレッソを飲むときに必ずミルクを加えたり、砂糖を入れたり、アイスクリームにかけたり、リキュールを入れた「カフェ・コレット」を楽しんだりと、色々アレンジします

砂糖を淹れるときは溶かしきらず、下に溜まった砂糖を最後にすくって食べるという楽しみ方もあります。

イタリア生まれのコーヒーメーカー「マキネッタ」とは?使い方やクレマを作るコツまで紹介

イタリアでは料理を楽しんだ後にDigestivo(ディジェスティーヴォ。食後酒のこと)で締める習慣があります。(消化促進効果があるとされている)

関連記事
イタリアのコーヒーの特徴とは?文化からバールでの飲み方までバリスタが解説

続きを見る

マキネッタの使い方は簡単!今日からおいしいコーヒーを楽しもう

発明されてから1世紀近くを経た今でも世界で愛されているマキネッタは、抽出も手入れも簡単で、自宅で気軽にエスプレッソ感覚を楽しめます。

コーヒーには必ずミルクを入れるという人や、カフェオレ好きな人には、ドリップでは難しい濃いコーヒーを簡単に抽出できるのでおすすめです。

コスパもよく、置きっぱなしでもお洒落なマキネッタは、1台あるとコーヒーの楽しみ方を大きく広げてくれること間違いありません。

マキネッタで抽出したコーヒーが好きになると、次に興味を持ち始めるのが「エスプレッソマシンで抽出したコーヒー」です。マキネッタのビジュアルが好きな人のために、次の記事ではイタリア製のエスプレッソマシンだけを集めて紹介しています

関連記事
イタリア製エスプレッソマシンおすすめランキング9選!

続きを見る

マキネッタの人気記事

実際に飲んだエスプレッソ用コーヒー豆と粉おすすめ12選!クレマが出やすいのはこれ

続きを見る

エスプレッソグラインダーおすすめ20選!業務用・家庭用の安いミル・小型もまとめて紹介
エスプレッソグラインダーおすすめ20選!業務用・家庭用の安いミル・小型もまとめて紹介

続きを見る

キャンプ用のコーヒー豆おすすめ5選|アウトドアに最適な保存容器も
挽きやすいキャンプ用コーヒー豆おすすめ10選!持ち運び容器や便利グッズも紹介

続きを見る

エスプレッソとは
エスプレッソと普通のコーヒーの違いをバリスタが解説

続きを見る

caffe-macchiato
マキアートとは?カフェラテやカプチーノとの違いや作り方・おすすめ器具をバリスタが紹介

続きを見る

【マニアが選ぶ】深煎りコーヒーおすすめランキング8選!実際に飲み比べて本音レビュー

続きを見る

76種類のコーヒー豆を飲み比べてみた【ランキング一覧表】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

Amazonや楽天、有名ブランドなどのコーヒー豆76種類をお取り寄せして、実際に飲み比べました。

有名なスタバやカルディをはじめ、丸山珈琲やサザコーヒーなどの人気店の味わいを50段階で数値化し、ランキングの順位を決定しました。

この記事では、酸っぱくないフルーティーなコーヒー豆や、酸味が少なくい飲みやすいコーヒー豆などを中心に紹介しており、100gあたり300円台で買えるコスパの良い商品も取り上げています。

▼ランキング結果を見る

【2024年版】本当に美味しいコーヒー豆おすすめランキング76選

-コーヒーの豆知識
-

© 2023 山口 誠一郎 Powered by AFFINGER5