コーヒー豆のレビュー

猿田彦珈琲のおすすめコーヒー豆|旅の扉ブレンド

2017年9月19日

  1. HOME >
  2. コーヒー豆のレビュー >

猿田彦珈琲のおすすめコーヒー豆|旅の扉ブレンド

2017年9月19日

月間200万人が利用するコーヒー豆のレビューサイト「山口的おいしいコーヒーブログ」です。

今回は、1,000種類以上の通販コーヒー豆や、市販・スーパーの安い豆などを飲む筆者が、猿田彦珈琲の人気おすすめ豆「旅の扉ブレンド」の正直な感想を述べます。

本当においしいコーヒー、安くておいしいコーヒーを探している人の参考になれば幸いです。

著者のプロフィール

コーヒーマニア 山口誠一郎

山口 誠一郎
日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士 / 日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)会員

1,000種以上の通販コーヒーを飲む。TV出演、文藝春秋(文春オンライン)などにコラムを掲載。全国の様々なコーヒーを味わう。


人気記事

1000種類から本当においしい通販コーヒー豆をランキング
【2021年 最新版 随時更新】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

【市販・スーパー、高級な通販コーヒー豆から厳選】
コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

猿田彦珈琲とは?

猿田彦珈琲とは、東京の恵比寿を中心に新宿や表参道に店舗をかまえるスペシャルティコーヒー専門のカフェ。

「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」をコンセプトに掲げて2011年6月にオープン。

コーヒー豆を炒る際に使用している焙煎機は、アメリカのメーカーLoring社(ローリング)のSmart Roaster(スマートロースター)という熱風式のマシンを使用しています。

このスマートロースターで焙煎されたスペシャルティコーヒー豆を、一杯ずつ丁寧にハンドドリップで抽出したコーヒーが味わえる。それが同店の特徴です。

また、コーヒー豆を公式オンラインショップで買うことも可能です。

数種類のブレンドコーヒーを販売しており、一部のシングルオリジンコーヒーも販売しています。


▲猿田彦珈琲 表参道店の店内。

コーヒー豆はカウンターに並べられており、それぞれのコーヒー豆の味や香りなど聞くと店員さんが丁寧に教えてくれます。

今回おすすめされたコーヒー豆は、表参道店の限定豆「旅の扉ブレンド」。

この豆は表参道店で2番人気のおすすめ豆とのことで、興味を抱いた僕は1番人気の豆と一緒に購入して飲んでみました。

※猿田彦珈琲で1番人気のブレンド豆のレビューはこちら

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」とは?


▲猿田彦珈琲の旅の扉ブレンドはコーヒー豆が100g入って760円。


▲旅の扉ブレンドはコスタリカ産の豆、ブラジル産の豆、そしてケニア産の豆と3種類のコーヒー豆が配合されている。


▲コーヒー豆は粒がふっくらと焼きあがっており、シティロースト(中深煎り)くらいの焙煎度合いとなっている。

コーヒー豆からはオレンジやレモンといった柑橘系の果実のような、さわやかな香りが立っている。


▲コーヒー豆が入っているアロマシール袋は、豆から炭酸ガスが発生するのを応用して新鮮さを保つようになっている。

しかし豆を買ったら、なるべく早くキャニスターや瓶などの保存容器に移し替えたほうが鮮度をキープできる。

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」を3つの器具で飲む

同じコーヒー豆でも抽出する器具によって味や香りなどの風味が変化するのがコーヒーの面白いところ。

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をHARIO V60円すいドリッパー、Kalita3つ穴ドリッパー、HARIO製ウッドネック ネルドリッパーの3種類で飲み比べてみる。

あなたが持っているドリッパーだとこんな味のコーヒーになるんだな、と参考にしてもらえれば嬉しい。

【抽出環境】

  • 1杯あたりに使う豆:16g
  • 豆の挽き具合:中挽き
  • お湯の量:160cc
  • お湯の温度:85℃
  • 蒸らし時間:30秒

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をHARIO V60で飲む

猿田彦珈琲 旅の扉ブレンドの風味を5段階でみる

中挽きにした猿田彦珈琲の旅の扉ブレンドをHARIO V60ドリッパーにセットし、お湯を静かに注ぐ。

すると、オレンジやレモンを思わせる柑橘系の果実の香りが広がる。

さっそく一口飲んでみると、先ほど匂ったオレンジやレモンのような柑橘系の果実を思わせる、さわやかな酸味が口に広がる。

まるでレモンティーのような風味の旅の扉ブレンドは気分を爽快にさせてくれる。

休日の朝に飲めば気持ちの良い1日を過ごせそうなフレッシュ感あふれる味わいだ。

苦味は控えめなので、あまり苦いコーヒーが好きじゃなくても飲みやすく感じるのではないだろうか。

酸味がメインの旅の扉ブレンドだが、ほんのりとした甘みも含まれているので、とがったような酸っぱさではなく、マイルドな酸味を味わうことができる。

コクは浅めであっさりしており、しつこさがない。

後味はすっきりしていて舌や喉に嫌な酸味感が残ることもない。

冷めてくると、ベリー系の果実の味わいを感じる。

ここまでくるとコーヒーを飲んでいることを忘れそうになるくらい、コーヒー感がまるでなく新感覚の飲み物という印象。

個人的にはもう少し濃厚な舌触りと深いコクをこの旅の扉ブレンドで味わってみたいと感じたので、次はネルドリップでコーヒーを抽出してみる。

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をネルドリップで飲む


▲濃厚な味わいにするためお湯はゆっくり注ぎ、時間をかけて抽出する。


▲お湯を注いでコーヒーの粉を湿らせたら30秒ほど置いて蒸らす。

ネルドリップで抽出した猿田彦珈琲の旅の扉ブレンドを飲んでみる。

HARIO V60で抽出したときより、コクが明らかに深くなってナッツのような豆本来の味わいをより感じられるようになった。

また舌触りもまろやかになって少し重みが出た。

苦味はそこまで大きく変わらないが、酸味はHARIO V60での抽出よりも少し強くなったように感じる。

そのため甘みもあまり感じることができず、コーヒーが冷めてくると酸味がより強くなってくる。

酸味の強いコーヒーが好きじゃないならネルドリップ抽出はおすすめしない。

コクも味わいも深く、一杯で満足感を得られるコーヒーに仕上がったが、もう少しすっきりした味わいにしたいので、Kalita3つ穴ドリッパーで抽出してみる。

猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」をカリタで飲む

Kalita3つ穴ドリッパーで抽出した猿田彦珈琲の旅の扉ブレンドを飲んでみる。

すると、HARIO V60で抽出した時はほぼ感じられなかった、豆本来のナッツのような風味がよく感じられて味わいが豊かになった。

酸味も3つの器具のなかでもっとも控えめで非常に飲みやすい一杯に。

そのためHARIO V60での抽出の時のようなレモンティーっぽい口当たりではなく、コーヒーの深い味わいが楽しめる一杯となった。

後味もすっきりとキレのよい仕上がりで、雑味やえぐみもなく最後の一滴まで美味しく飲める。

3つのコーヒー器具で抽出して飲み比べてみたが、僕はKalita3つ穴ドリッパーでの抽出がもっとも美味しい一杯だと感じた。

まとめ

  • 猿田彦珈琲のおすすめ豆「旅の扉ブレンド」は豆が100g入って760円。
  • オレンジやレモンを思わせる柑橘系の果実のような風味。
  • HARIO V60で抽出するとレモンティーのようなあっさりした味わいに。
  • Kalitaで抽出すると豆本来のナッツのような芳ばしさと柑橘系のさわやかさの両方を楽しめる。
  • ネルドリップ抽出はもっとも濃厚だが酸味が突出したような味わいなので飲み手を選ぶ。

通販コーヒー豆おすすめランキング
【1,000種類から厳選】

今まで飲んできた通販コーヒー豆の一部

実際に飲んだ1,000種類以上の中から、おすすめの通販コーヒー豆を紹介しています。

コスパの良いおすすめ珈琲豆、スーパー・市販と同等の安いコーヒー豆、専門店の高級コーヒー豆などをまとめました。

コーヒー豆おすすめランキング15選|本当に美味しい通販コーヒーを厳選


 

猿田彦珈琲の店舗情報

猿田彦珈琲 公式オンラインショップ

  • 住所:東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館 H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando 1F
  • 営業時間:11:00~19:00
  • 定休日:なし
  • 禁煙・喫煙:完全禁煙
  • 駐車場:なし

  • この記事を書いた人

フラペチーノ山口(山口 誠一郎)

日本安全食料料理協会(​JSFCA)認定コーヒーソムリエ / 焙煎士。1,000種以上の通販コーヒーを飲む。文藝春秋(文春オンライン)コラム掲載。TV出演。

© 2021 山口 誠一郎(フラペチーノ山口) Powered by AFFINGER5